参考にして下さい。中国-1(泰山・曲阜・開封・洛陽)

私自身身軽に動こうと何のガイドブックも持たずミニパソコンを携え旅を続けました。役だったのがみんなの投稿記事でした。旅される人たちの役立てばと思い私の経験を書きます。参考にして下さい。旅のスタートはすべて最寄りの鉄道駅、バス駅です。鉄道切符はいろんな種類があるので注意して下さい。
f0217365_23544579.jpg

泰山。泰安駅より3~4kmで登り参道に到着(私は歩きました)バスなら1元。参道より4時間程で南天門着。入山料90?元。ここで1泊、宿泊料(ドミ利用で30元)早朝3時前に宿出発、2時間程で山頂。残念ながら初日の出見えず。非常に寒かった。レンタルコートあり(5元)
f0217365_23585531.jpg
曲阜。バス停より市内まで1元、小さな町、すべて観光地徒歩で回れる、ユースに泊まる30元。
f0217365_0135222.jpg
f0217365_0264485.jpg
開封、鉄道、バス駅隣接。ここも小さな町、鉄塔公園、龍帝公園、相国寺等観光地徒歩で回る。参観料それぞれ高し(60から100元)輪タク多し。1km5元ほどか?、声はかかるが利用してないので不明。
f0217365_034228.jpg
洛陽の公園の1コマ
f0217365_0351529.jpg
龍門石窟。駅まえより81番バス1.5元
f0217365_0363069.jpg
「林閑」龍門より歩く1時間半
f0217365_0383056.jpg
白馬寺。駅前より56番バス1元
[PR]

# by makinoichiro | 2010-07-29 22:55  

ありがとう、親切心・思いやる気持ち、そして活力

 3ケ月の中国旅行、優しくされると気分が明るくなり、親切にされると心が楽しくなり、元気な笑顔を見せられると活力が湧く。ありがとう、忘れがたき人々。感謝の気持ちでブログに載せさせてもらいます。
f0217365_1728388.jpg
原さん、中国のイロハを習いました。スタートがきれたのも貴女との出会いがあったからです。
f0217365_173584.jpg
白さん、龍門石窟から林関まで歩きながらの会話昨日のようです。
f0217365_181551.jpg
名を聞くこともせずゴメンナサイ、疑いの気持ちがどこかにありました。純な気持の大切さ知りました。
f0217365_187481.jpg

三門峡で慌てふためいていた私、中国の列車システム、席の確保さらにはユースまで面倒見てくれました。感謝。
f0217365_1816544.jpg
イタリアの美女。敦煌での夕日見れませんでしたね、急激に襲ってきた砂嵐一瞬ひやりとしたが、身を寄せ合い砂嵐から生還したこと好い思い出です。
f0217365_18331772.jpg
ドイツ人リサさん、あなたで敦煌には「莫高屈」以外にも、いやそれ以上に見学価値がある場所の存在を知りました。
f0217365_184135100.jpg
中楯さん、と京大生。お二人に出あわなけれチベット行きはなかった。チベットのよき思い出は貴方達がくれました。
f0217365_18471695.jpg
チベット行きの車中で会った、中国人王 志紅さん、チベットの予備知識と注意点、それより車中の楽しい会話ありがと。
f0217365_1913135.jpg
チベット旅行の相方フランス人のヴィガルさん。機知に富んだ、旅慣れたミュージシャン。日本での公演楽しみです。
f0217365_1992737.jpg
敦煌から西安に帰る途中、食事を奢ってくれた姜丰さん。どうして貴方がたは私に親切にしてくれたのですか。感謝、感謝。
f0217365_19254081.jpg
シャングリラで会った台湾の空さん。「松實林寺」無料で入る法方、感心しました。納パ湖サイクリングも奇麗でした
f0217365_21443688.jpg
昆明のユースで同室だったフランス人ニコルさん。笑顔が素敵でした、紗渓の推薦ありがとう。いい所でした。
f0217365_19372133.jpg
桂林でのイカダ下り貴方のおかげで追加料金なしで陽朔まで行けました。貴方の中国語、中国人のようでした、アメリカ人ピータとガールフレンド。
f0217365_19422323.jpg
陽朔でのサイクリングに付きあてくれた、スペイン人ヴィラさん。暑かった、楽しかった。
f0217365_2120179.jpg
紗渓より大理まで一緒だったヴェジタリアンのオーストラリア人マリアさん。一つの生き方を知りました。
f0217365_21275815.jpg
不安だったヴェトナム入り。貴方方と出会えて気楽に入国できました
f0217365_19501059.jpg
最後に忘れることのできない中国人、李 明さん。失恋をふきっる為四姑娘山に登ると云ってたね。そんな貴方が私の為わざわざトレッキングで設定してくれ、「日本から来たお客だから全部奢りだ」と言って割り勘を拒否し宿泊費、食事代まで払ってくれましたね。甘えました、忘れません、貴方のこと。
[PR]

# by makinoichiro | 2010-07-28 21:37  

7月18日  新鑑真号にて

 静かに、静かに日本へ向けて新鑑真号は出航。日本のマツダで3年研修するという中国若者達と語りあう。希望に燃えているのが羨ましく、頼もしく思う。いずれ君たちの世界だ、可能な限り満足いくまで「日本」を見て、将来に役立てて欲しく思う。帰り際に日本の何に興見を持つであろうか、是非聞いてみたく思う。

 後、20時間ほどで大阪だ。
f0217365_2257196.jpg

 中国旅行の総括
   食・住・バス・鉄道は安い。具体的に
   食:朝食 粥+マンタン+ゆで卵
          お好み焼きを揚げたようなもの    5~8元
          うどんの様なもの  
     昼食 焼き飯。焼きそば。ラーメン       10元
        マクド・ケンタッキ-(コーヒーなし)  15・6元 
        コーヒー単品で8元ほどする。
     夕食 肉+やさいの炒め物2品+ご飯      20~30元
 
   住:賓館   80~150元
         上海では380元だった
     ユース ドミは25~40元 シングルは80~100元

   市バス: 1~2元  2・3時間かかる距離なら5~12元

   鉄道:  自由席 ほんとに安い
        指定席 安い
        寝台席6人(下・中・上)この順で10元ずつ高くなる
         〃 4人 自由席+80~100元ぐらいか
   長距離バス:鉄道指定席より高く寝台席より安い
   
   参観量:日本と同じぐらい。(食・住・交通費に比べ非常に高い)
[PR]

# by makinoichiro | 2010-07-27 23:03  

7月16日 いよいよサラバ

 朝、最後の訪問地上海に着く。依然として雨やまず。なごり雪ならぬなごり雨か。
f0217365_22493377.jpg

昼過ぎまでに明日の、「大阪」ゆきフェリーの切符、フェリー乗り場下見完了。明日13時で3カ月少しの中国の旅終了。短い旅だった、いい思い出が出来た、親切を思い出させた旅だった、再挑戦を思い起こさせた旅だった。
f0217365_22503499.jpg
有難う、わが旅に付き合ってくれた多くの人達。感謝、感謝。
[PR]

# by makinoichiro | 2010-07-27 22:51  

7月15日  黄山、今日も雨

 いよいよわが旅も、明日上海で1泊し、17日大阪に向けての船に乗るだけとなった。短かった3カ月だった。振り返れば、幸せな事に良い思い出しかない。出会った中国人はみな親切だった。困った人に出会えば、「出来うる限り手伝ってあげる」。忘れていた。当たり前の行為として中国には残っているのかと、驚きと、見習わねば、を思い起こさせた。
 黄山に着いた時かなり激しい雨だった。それまで雨らしい雨に出会ったことなかった。ヴェトナムでは猛烈なスコールに出たったが、すべてホテルの中での出来事。夜遅く激しく降っていたが2時間もすれば、雨音も聞こえなくなっていた。旅行中は雨の事など全く考えずに行動していた。雨も降るんだ。
f0217365_22432564.jpg
 深セン西より黄山までの切符を当日シンセン西駅で購入できたのは出来たが、「無席」つまり自由席、中国の自由席は座席指定の人がいない間だけその席に座ってもよい。座席切符を持っている人が現れれば当然その席を退かなければならない。その分安いが、何枚売られているのか解らない。
出発、2時間もすれば満員になり、今まで座れていた席も立たなければならぬ、このまま18時間近く過ごさねばならぬのかと憂鬱な気分になっていいた。歳と、一人旅の日本人、すぐ助けてくれる若者が、目でこちらに来いと誘ってくれた。席確保。次の駅でその席の人現る。幸いなことに、30分程で沢山の人が降りる駅に到着。空席一見取り放題。中国の列車の座席は3列、通路、2列と並んでいる。3列だと体を横にする事が出来る。向かい合わせ6人席はそれだけ座席指定の切符を持ってくる人の確立が多くなる。2人席の通路側を頂く。くつろぐも間もつかぬ間、降りた人以上の人が乗り込んで来た。当たり前のことを忘れていた。降りる人がおおければ、乗ってくる人もそれだけ多い事を。座席指定の人とその席に座っていた人との大声が数か所で上がる。我が席にも女学生2人、男子学生2人の4人グループが現る。退かねば。優しい事に、席を詰めてお尻半分座れるスペースを作ってくれ、座りなさいと手招きしてくれた。彼等、私を中国人と思っていたらしく、彼ら同士で話をしていた。何の拍子か、私に話しかけてきた。
「チンプトン、ウッヲ、プシチョンコウレン。ウッヲ、シリイベンレン」我が知っている中国語。車中時間がたっぷりある。いろんな事を話題に花を咲かす。そのうち、ボーイフレンドの話題に頬を赤らめていた素敵な娘さんが、「如何して、こんな自由席なんかに乗っているのか」「寝台席満席でない」「誰か降りて,空いているかもしれない、7号車に行けば分かる、ついって言ってあげるよ」と優しい言葉をかけてくれる。その行為に甘える。満員の車両を2号車から7号車まで這うようにかき分けかき分け進み7号車の車掌室まで来る。車掌不在。どれぐらい待ったであろうか30分以上は待った。現れてた車掌の返事は一言「ない」。
f0217365_22375142.jpg

 「ぜひ、若い貴方がた中国人は海外へ出て行って、中国以外の国を自分の目で見、感じてください。今、中国の若者が海外に出ることに対していろんな問題があるのは聞いている、最大の問題がお金であることも知っている。なんとか解決策は見つかるものだから諦めないで欲しい。」真剣な目で聞いていた。
f0217365_22455483.jpg

 雨の中、列車は黄山に到着。1時間遅れ。雨、中国でも雨は降るんだ。
[PR]

# by makinoichiro | 2010-07-27 22:46